理事長のごあいさつ

理事長 五十嵐 隆明

わが同和園は大正10年京都佛教護国団の社会福祉事業の一環として発足しました。当時の団長であった清水寺大西良慶猊下等の先達の役員関係者が私財をなげうってのスタートはすこぶる不安定な出発であったということです。以来紆余曲折を経て現在に至りました。

開設からの歩みは、常にわが国の老人福祉の施策に対応し、その先駆けとなるもので、本園の歩みは、わが国の老人福祉施設の歴史でもあると言えます。

本園のケアサポート理念は、『一人ひとりが輝く「生活」を送り「あなたらしい生活」を大切にし、寄り添うケア、あなたとともに生きる「場」を提供。家庭的な雰囲気の中で、お年寄りの居場所を大切にサポートしよう』と心がけています。さらに、終末期にはご家族とともに、安心(心の平安)を証得していただける看取り、すなわちターミナルケアに心を注いでいます。

わが国の高齢化は世界に例を見ないほど、ますます進んでいます。そして、日本の社会は急激な変貌を遂げています。その中にあって老人福祉施設の質的向上は喫緊の課題です。当園は2021年に100年を迎えます。更なる発展を続け、邁進する覚悟であります。

関係各位の旧倍のご支援、ご協力の程切に懇願申し上げます。

合掌

社会福祉法人同和園
理事長 五十嵐 隆明